電脳登山部リーダーブログ

ING電脳登山部リーダーたちのブログです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 当たると怖い「雷」の話 第2話 (つづき) | main |

当たると怖い「雷」の話 第3話

0

    JUGEMテーマ:自然・登山・キャンプ

     

    当たると怖い「雷」の話

     

    第3話 西上州・諏訪山

     

     今まで遭遇した雷の中で、最もビビったのは西上州の諏訪山で遭遇したものです。西上州には「諏訪山」が2つありますが、そのうちの上野村にある関東百名山に選ばれているピークです。この村は当時群馬の秘境と言われていたところで、その後昭和60年にあの日航ジャンボ機墜落事故があり、その現場が諏訪山西方の山中だったため、山の麓を通って墜落現場に至る道が整備されました。そのためか少し秘境感が薄れたようですが、私が訪れた当時は「浜平鉱泉」という一軒宿がポツンと佇む、なんとも寂れたところでした。
     この時は鉱泉のそばに車を駐めてすぐ近くの大神楽沢を登りました。ほとんど印象もないような、とりたてて厳しいところのある沢ではありませんが、見どころは神流川流域随一の40メートル大滝です。しかし、それも普通に高巻き出来るもので、私達は難なく諏訪山の頂上付近に登りつめました。しかし頂上を往復する頃から雲行きは怪しくなり、すぐに雷鳴が轟くようになりました。そうです、西上州も雷が生まれるところなんです。
     下山を開始するとすぐに強雨になりましたが、沢でさんざん濡れた後なので、カッパも着ずにそのまま下山していました。下山路は稜線の道で、小さなピークを次々と越えて行かなくてはなりません。頭上で雷が騒いでいるのに、頂上(=高いところ)を越えるのはイヤだなと思っていると、さしかかる小ピークにはどれも巻き道があり、何だコレなら楽勝だねと、陽気に下山を続けました。
     ところが、いくつかのピークを巻いたところで、どうしても巻き道が見つからないピークに出てしまいました。頭上ではひっきりなしに閃光と雷鳴とが暴れまくっています。ヤバイね、どうしよう、いつ近くに落ちるかわからないから、全員でまとまっていると被害が大きくなるので、30秒おきにひとりずつ走ってピークを越えよう、ということになりました。こんなことを決められるのは、あくまで「落ちはしないヨ」という希望的観測があるからで、今思えばなんの根拠があるわけでもないのに、よくもそんな話で全員が納得したものだ思います。
     私の番が来て登り始めます。急坂なので足元を見ながら走っていると、少し傾斜が緩くなりピークの一角に着いたかと思うと同時に足元が明るくなりました。アレッと思って周囲を見渡して仰天しました。今までは薄暗い樹林帯だったのに、頭上には木の枝がなく、周囲の幹はみな黒焦げで、立ち枯れた木ばかりなのです!!。ひぇ〜どんだけ雷がここに落ちるの!!と全速力でピーク上を走りました。以前あった事例で、ゴルフ場で雷の直撃を受けた人が、ゴム引きのカッパを着ていてずぶ濡れだったため、電流がカッパ表面の水膜を流れて地面に落ち、本人は少しやけどをした程度で助かったという話を思い出し、「カッパ着とけばよかった!」と後悔しながら走り抜けました。
     下って鞍部に着くと程なく、全員が無事揃いました。ヤバかったなぁと話していると、誰かが「あっ道がある」と今越えたピークを巻いてくる踏み跡を発見しました。

    山の想い出 | permalink | comments(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする