電脳登山部リーダーブログ

ING電脳登山部リーダーたちのブログです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    ツアー登山 VS パーティ登山 (前回のつづき)

    0

       数年前の天候不順だった8月に有峰口から入山し、雲ノ平から高天原、水晶岳、野口五郎岳と辿り、烏帽子岳から大町に下山するという計画を実行したことがあります。しかし天気が悪く、二日目は雲ノ平山荘で行動中止。小屋前の木道が激流に洗われるさまを見て、そして有峰林道も葛温泉から大町への道も通行止めとの情報を得て、どうやって安全に帰ろうかと思案していました。結局三日目は黒部川上流の渡渉を避けるために祖父岳、岩苔乗越経由で源流の幅の狭いところで黒部川をひとっ飛びで渡り、三俣山荘までずぶ濡れになって到着しました。こんな状況ですから小屋はガラガラでその点は助かったのですが、4日目は朝から雷鳴が轟く更にひどい天候で、我々は双六岳を巻く一番低地のコースで新穂高温泉に向かって下山しました。ところが三俣山荘にいたあるツアーご一行は、予定通りに鷲羽岳を越えて水晶岳へと森林限界を抜け出た稜線に向かって出発していきました。雷撃を受けたというニュースは無かったので無事に下山したのでしょうが、もしこんなツアーに参加していたら、私の感覚では命が幾つあっても足らないなというところです。きっとガイド役やツアコンは行きたくなかったのだろうけれども、お金を払っているお客様の意向は無視できないのだろうなと同情的になりました。私個人としては、絶対にツアーには参加しないゾと心に決める出来事でした。
       そんな気分の私にとって、登山はツアーではなく、パーティで登りたいと言うのが本音です。ところが実際では参加する会員にはツアー気分の方が結構います。ツアーのパンフレットを見ながら、これとこれに行こうとマーカーでチェックする、みたいな感覚で参加申込をしてくる、で実際の山行では、自分のコトだけに一生懸命で、他のメンバーは赤の他人、どうなろうと気にすることもないとまでは言いませんが、パーティの一員としての行動が一切できない、どうしていいかわからないと思える人もいます。しばらく前の山行で、一部の参加者が体調不良で遅れ始め、リーダーがその参加者のザックを持つ、つまりダブルザックで何とか稜線の山小屋までと頑張っているのに、先に小屋に到着したメンバーはそのまま休憩して、遅れていたメンバーの到着をただ待っていたという事例が耳に入りました。こういう時にパーティのメンバーはどんな行動をとるべきか、パーティの一員としてどんなことができるのかと考えないのかと私としては残念な思いです。
       既に全く余力も残っていないというメンバーなら仕方ありませんが、多少なりとも力のある人なら、リーダーが持つ故障者のザックを持ってあげようと、自分のザックを小屋に置いて下って行くという発想はないのでしょうか。私ならそうしますし、これを読んだ方々の中にも迎えに行ってあげようと考える人は多いと期待します。自分の持っている余力をパーティ全体のために使おうというのがパーティ登山参加者の義務です。そうやって足りない部分を余力のある参加者が補い、全体として山行を完結することが出来ればこれが理想のパーティ登山です。私はそういう登山がしたいのです。
       ですがこれを一般募集する本部山行で行うのは無理です。ですから、支部の存在意義の一つとして、そして最大の理由として「パーティ山行を実施する」というのが私が支部を立ち上げた最初の動機です。ですが、実力の足らない人を誰かがカバーしながら登山するなんてナンセンスだと考える人もいるでしょう。特に新ハイでは、「登りたい山と登れる山は違います」としばしばアナウンスしています。つまり自分の実力を冷静に見極めて、登れる山に行きなさいと諭しているわけです。でもそれではあまりにも夢がない、多少の努力をしてくれる人なら、その意欲をかって何とかその登山を実現してあげようと考えるのがリーダーたる所以ではと思います。もちろんそれで登れたからといって、それを自分の実力だと過信するような人は対象外です。
       このような考えを持つようになったのは、たぶん学生ワンゲル時代の部活の雰囲気からでしょう。先輩に、どうして夏合宿に北アルプスの大縦走とかしないのですかと尋ねたら、「そんなものはウチの夏合宿を経験すれば自分で行ける。合宿はみんなで力を合わせないと完遂できないところに行くんだ」と言われました。そうして上信越国境や会越国境、南会津、越後山脈などの真夏のヤブコギ山行にみんな突っ込んでいったのです。
       また今考えるとひどいなと思いますが、4月に入った新入生が初めて山に行くのは、GW明けの週末に赤城山(といっても相当過酷)はまぁいいとして、その次の合宿は「新人強化合宿」と称して6月初旬に、谷川連峰馬蹄形縦走は当たり前、ちょっと体力のある新入生なら谷川岳あるいは白毛門から巻機山への縦走、越後三山などに連れて行きます。もちろん上級生たちがそれなりにカバーしながら新人を「強化」するわけですが、今同じ事をやれと言われたらちょっと躊躇するようなコースではないですか。でもパーティとしてキチンと機能していれば、「山登り2回目ですぅ」なんていう1年坊主もヤブをかき分けて完歩してくるのです。それがパーティ登山の威力です。
       今まで本部山行にどっぷりと浸かっていた人たちには違和感のある山行かもしれません。ですからコチラから無理にお誘いすることはありません。そういう山行に興味があって、自分もその一員としてパーティに貢献したいと思う方だけ、来ていただければ結構なんです。ということで、ツアー登山とパーティ登山について、私見を記しました。なお「パーティ登山」という言葉が世間一般に認知されているかは未確認です。本文に書いたような気持ちで山行を行うことを便宜的にそう呼びました。

      (おわり)

       

      JUGEMテーマ:自然・登山・キャンプ

      登山論 | permalink | comments(2) | -

      ツアー登山 VS パーティ登山

      0

         登山の方法には様々な分類法が考えられますが、複数で山に登るという観点からその形態を考える時に、最近ではツアー登山なのかパーティ登山なのかが、参加者の心構え、立場、責任といった部分で重要になっていると思われます。
         ベテラン登山者の多い新ハイキングクラブでは「釈迦に説法」となる危険を感じつつ、私の意見を記します。

         

         登山というものが、一般的になった当初はそのほとんどがパーティ登山か単独行だったと思われます(ここでは複数の登山者で登ることを考えますので、以降は単独行については言及しません)。パーティ登山とは、目的を一つにする何人かが集まってそれぞれに責任を持ってできることを行い、最終的に全員の力を結集して目的を達するやり方です。

         一番究極のパーティ登山は、おそらく岩登りでのザイルパートナーとの登山でしょう。通常二人がザイルの端をそれぞれの体に結びつけて、一人が登っている時はもう一人が滑落に備えてザイルで確保する。従ってパーティの仲間は、できるだけ短い距離でしっかり止めて命を助けるという相当な責任を負っているわけです。そんな状況ですからかつて装備や技術が未熟だった時代には、一人が落ちた際にこれをうまく止めることができずに、もう一人も一緒に落ちて命を失うという悲劇が枚挙にいとまがない位起こっています。
         もうひとつの極端な例は、初登攀時代に行われていた「極地法」という登山方法でしょう。多くはヒマラヤ登山で行われていましたが、昭和の時代でも北海道日高や北アルプスの厳冬期登山では行われていた例を聞きます。訓練という意味もあったのでしょうが・・・。これは安全性の高い比較的低地にベースキャンプを設けて、ここから順に複数のキャンプ地を頂上に向けて設置していき、最終キャンプから頂上をアタックするというものです。途中のキャンプへ荷を上げるために、それぞれのメンバーたちがいくども同じ道を往復します。そして条件が整った時にアタック隊の少数名が頂上を極めるというやり方をしていました。パーティ全員の総力を結集してそのうちの誰かが登ったのですから、当然登攀成功の名誉はパーティに与えられるべきものと登山家たちは考えていましたが、マスコミは登頂者ばかりを持ち上げて報道し、そのためにいくども重荷をキャンプに運んだ縁の下の力持ちたちは全く評価されないという不公平が生じてしまいました。結果的に極地法では純粋な山登りではなく、「売名」という要素が大きくなってしまうことで、以降アルパインスタイルというすべての装備を自分たちで背負い、次々とキャンプ地を移して登頂はパーティ全員で成し遂げるという登山が行われるようになりました。もはや「極地法」は死語でしょう。
         この辺りの事情で最もわかりやすい例は、女性初のエベレスト登頂者でしょう。先日亡くなりましたが、ご夫婦で切磋琢磨してアルピニストとして活躍していたわけですが、エベレストに挑戦するに当たって、どちらが登るか検討した際に、妻が登るほうが今後のことを思えば絶対にいいと夫婦で決めたそうです。目論見は的中し、「女性として世界初」という枕詞のおかげで彼女は大活躍したわけですがその一方で、登山隊の他のメンバーの名前を聞いたことは一度もありません(この段落原文には私の誤解があり、事情通の会員から指摘がありましたので訂正しました)。
         以上は極端な例ですが、我々が行うパーティ登山でも、登山の成功のために他のメンバーと協力し、お互いに支え合っていかなければうまく行かないということはしばしば起こり得ることです。


         一方で最近では、営利目的で一般から参加者を募り、ツアーコンダクターやガイドと言われる人たちに連れられて登る、ツアー登山が流行っています。このチームに「パーティ」という認識はおそらくないでしょう。同行者のせいで自分の命が危険にさらされたりすることもなければ、自分は選抜されなかったので頂上に行けなかったなどということは絶対にありません。しかし、一定の範囲から集まった仲間ではありませんからその実力は様々で、赤の他人同士ではお互いに助けあうことも望み薄です。ですから万が一、故障者が出た時、一体どう対処するのか私などには皆目見当がつきません。いつだったか、故障者をヘリで救助してもらい、残りのメンバーはそのままツアーを続けたという例があり、一部の人達からツアー参加者に対して大バッシングが行われたことがありました。しかし安くはない金を払い、仕事等を調整してやっと来たのに、どこの誰かもわからない同行者のせいで山行が台無しになるのではいたたまれません。ツアーを続行した参加者も、そんなに非道なことではないのではと同情したい気もします。
         ちなみに先日、新ハイキングクラブの本部委員会で、山行中に何らかの事故が起こってしまった場合、その後の山行はどうするのかについて、指針を示せという意見が出ました。私としてはそんなことはその時の状況によって変わるものだから一定のことなど言えないし、第一そんな判断もできない人がリーダーを務めるべきではないと思いましたが、一応山行委員会で議論しました。結論は簡単、「即座に山行中止」です。もちろん、その時間帯や行程のどの辺りでの決断かによって、もっとも早く安全に下山できるという観点から判断しますから、戻るのかもしれないし、そのまま予定の行程をこなす、あるいはエスケープルートを下山するのかもしれないということになります。ともかく新ハイキングでは、事故があれば即下山とご記憶ください。
         とりあえず私自身は、新ハイキングの係をやっている立場であるにも関わらず、ツアー登山には懐疑的です。(つづく)

         

        JUGEMテーマ:自然・登山・キャンプ

        登山論 | permalink | comments(0) | -